お手紙

2021を
やさしく迎えたいあなたへ
~タロットとかるたで紡ぐお手紙~

 

 

2020年、どんな年でしたか?

残りわずかの2020年。今年を振り返るとどんな年だったでしょうか?

例年よりも「苦しかった」「寂しかった」「我慢が多かった」…など、しんどかったと振り返る人は少なくないと思います。

いつもなら忘年会でリフレッシュしていたけど、今年はなし。なんて人も多かったかと思います。私も、その1人です。

年明けの予定も、毎年行っていた初詣を控え、親戚や家族と集まれない。1人で年を越す…なんて人もいるでしょう。

新年への希望を抱くと同時に、少しだけ不安や疲れはありませんか?

 

今年の自分を労わろう

 

「今年も頑張ったね、お疲れさま」といたわり合う忘年会はないけど、誰にも見られず、陰で頑張った人に私は「お疲れさま」を言いたい!

今年の疲れは今年のうちに
今年の不安も今年のうちに

いつもと違う年末年始。
少しでも明るい気持ちで新年を迎えるために、3つの内容をお手紙のようにつづります。

 

 

 

~お手紙の内容~

 

 

 


 

え、かるた?と思った方へ

日本語は一音多義といって、ひとつの音にたくさんの意味を持っています。例えば「」なら、など。それぞれ意味は違いますが「木には気が宿ってる」といわれ、神社には御神木があります。他にも「石には意志が宿る」「五円はご縁」など…。漢字が違っても、同じ音には似たような特徴があると考えられています。
歴史としても、漢字が流通したのは約2000年前。音は縄文時代からあるとされているので約1万2000年前からあります。

目には見えないけど、実は私たちは1音の響きからたくさんの印象を感じています。

私は、そんな50音の語感から姓名判断をしています。今回ははらぺこあおむしのかるたをオラクルカードのように使って「お守りことば」を読み取ります。

 

 

申し込みへ

 

ぴい

小学校教員と障害福祉支援員経験し、現在フリーランス。 音の語感の意味から、名前と言葉について日々分析してます。 東西占星術少々。カウンセラー資格もうすぐ取得。 イラストも描きます。適応障害と不当解雇の経験あり。 詳しいプロフィールはこちら

 

 


当サービスにおけるプライバシーポリシー

当方は、お客様の同意を得ることなしに個人情報を収集しません。また、個人情報は購入サービスの提供、商品の発送、アフターサービス、代金回収の顧客管理、メールマガジンの送付などのサービスを提供することを目的とし、お客様情報を利用させていただきます。これらの利用目的以外には、事前にお客様に同意をいただいた場合を除き、利用致しません。

キャンセルポリシー

お支払い後の返金は承っておりません。ご了承の上お手続きください。 
ご予約日時の変更希望は、前日までにお願いいたします。
前日・当日の変更希望の場合、追加料金をいただくことがございます。

2021年1月28日

© 2019 Piihome